2018年08月01日

隆帯!

みなさんこんにちは学芸員Aです。

車中でラジオを聴いていたら、

女子プロレスリングの選手が「女子プロの魅力」について語っておられました。


 インタヴュアー「女子プロの魅力って何ですか。どんなことろを見たら楽しめるでしょうか。」

 選手「そうですねー、私からすると、まず見て欲しいのは、筋肉!」

   「それから、ご覧になる方が ”推し目” の選手を見つけることですかね。

    応援することでもっと楽しくなります。」

 インタヴュアー「なるほど〜、では早速試合を見に行きましょう!」


ああ、そうか、魅力そのものが質問される対象になるってこともあるんだなー、

とぼんやり思い。

じゃあ、縄文土器の魅力は?と訊かれたらどう答えたらいいんだろう・・・


 学芸員A「そうですねー、ワタクシからするとまずは見て欲しいのは、隆帯!」

     「それから、ご覧になる方が ”推し目” の土器を見つけることですかね。

      応援することでもっと楽しくなります。」

 インタヴュアー「なるほど〜、では早速展覧会を見に行きましょう!」


ってなるのかなー・・・

「見て欲しいのは、隆帯!(りゅうたい)」って言ったらどんな反応になるかな。

・・・などとふざけたことを考えていたら信号を見落しそうになりました。

あぶないあぶない。

2018-08-01_syokubataiken3.jpg

博物館に着くなり、職場体験の中条中学1年性の修了式が待っていました。

わずか1日ですが、博物館の裏側がどんなふうか見られたのではないでしょうか。

明日明後日も、2年生の体験が続きます。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:22| Comment(0) | 日記

2018年07月20日

高校生ニッポン文化大使

あまりにも暑いので、「心頭滅却すれば火もまた涼し」、

と心がけて滅却してみたら、

全く仕事ができないことに気がついた学芸員Aですみなさんこんにちは。

とは言いながら、野外でそれなりに仕事をして博物館にもどってみると、

部長から職員を鼓舞しようという意図の変なメールが来ていました。

「積極的に攻めるんだ!」と書いてありました。

「何の話?」と思ったら、これのようです。



スクリーンショット 2018-07-20 18.56.46.png

文化庁さんと朝日新聞社さんが主催して、

ハイスクール・スチューデントの文化大使を募集しちゃうぞ、という企画のようです。

今年のテーマはなんと!

縄文。

きましたね。上の画像を見ればわかりますけど、一応驚いてみました。

でもですよ、これをみたら誰だってきっと「おお!!」と思うのではないでしょうか。


無料フランス旅行付き!




おおー!!

きましたね。


早速皆さんに周知しなきゃ!

で、たくさんの応募があることを願いつつ、

なにより十日町市の高校生の応募が多いといいなと思ったそのとき、

部長のさっきのメールを思い出しました。こうありました。


「積極的に攻めるんだ!」


これはいったいどういう風に理解すればいいのか、しばし考えました。

でも、すぐわかりました。

簡単です、答えはこれです。




締め切りまでに

入学できる高校を探すんだ!




攻めてる学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 19:02| Comment(0) | 日記

2018年07月13日

職場体験1回目

みなさんこんにちは、喉の渇きを癒すには

やっぱり水が一番だと思う学芸員Aです。

先日、職場体験実習で、十日町中学校と津南中等教育学校の生徒さん6名が博物館にいらっしゃいました。2日間です。

1日目は、博物館を案内したり、点検業務をしてもらったりしてから、分じろうのHAKKAKEの展示計画書を作成するという課題をこなしてもらいました。展示品は収蔵庫から自分で探し、説明文を調べて作る、という難題です。

この課題は、事前に頂いた履歴書に「学芸員が何をしているか勉強したい」旨が書かれていたので、お応えしたものです。どうなるかなーと若干不安でしたが、うまくまとめてくれました。いまの中学生はネットで調べるのが上手ですし、上手い具合に収蔵庫にいた職員にあれこれインタヴューできたようでした。

二日目は、笹山遺跡で発掘調査に行ってもらいました。縄文土器を見つけて喜んでいましたが、「中世の層なんだけどね」というと怪訝そうな顔をしていました。最後に日報を書いてもらって、終了。土器のデッサンはなかなかのものでした。

2018-07-13_syokubataiken1.jpg

この日は幸い、曇り空で少し涼しい気候でしたので作業も楽に行えました。雨も降らなくてよかったです。それに、いろいろ面倒を見てくれた作業員さんに感謝。

博物館での修了式。副館長から一枚一枚読み上げてもらって証書授与。お疲れさまでした。

なにより事故なく無事に終わってよかったです。

2018-07-13_syokubataiken2.jpg


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 18:15| Comment(0) | 日記