2019年06月18日

不思議不思議の遺伝子

みなさんこんにちは学芸員Aです。

ニュース的なネタが続きますが、どうかご容赦ください。

「縄文と弥生」の比較っていうと、いつもニューストピックにあがります。それだけみなさんの関心が高いのだと思います。

最近はDNAの解析技術が格段に向上したおかげで、このトピックへの寄与が非常に大きくなりました。最も新しいニュースはこれでしょうか。

東京大学大学院理学系研究科のプレスリリース



2019-06-18_husigihusiginodne.jpg
        (上記ページ図3より)


内容を要約すると、

現代の日本人男性345名のY染色体の全塩基配列決定と変異解析をしたら、日本人のY染色体は7つの系統に分かれ、そのうち「系統1」が縄文人由来する、と。で、「系統1」に含まれた122人の縄文人由来のY染色体を対象に遺伝子系図解析を行ったら、縄文時代晩期から弥生時代にかけて人口が急減したのち急増したことが判明した。

というものです。

あーむかしならったかもしれない、わいせんしょくたいとか、えんきとか。。みたいな感じかもしれませんが、そんなのわかんなくてもいい感じですね。でもよくみるといろいろと不思議なところがあります。

たとえば現代人を調べて過去のことが分かっちゃうという遺伝子系図解析の性質で、しかも「人口が増えた減った」ということと、「時系列上の位置を特定」できてしまうということだと思います。すごいことなんですよね、たぶん。

しかし、なんで年代が分かるんでしょう。物理学や生物学や地質学や考古学が言っている年代は、物理的な性質から測定したものか、または暦年の記録された「事件」との関係から推定されますが、これらとは違う気がします。遺伝子の変異の速度が一定と仮定するアレでしょうか。

それに、縄文時代の人口がほぼ全部フラットなのはなぜなんだろうなとか、だいたい「縄文人」ってなにもののことなのか、とか。だって縄文人って、もっと前の旧石器時代に大陸から来た人々が定着したもので、実際は旧石器以来の人々の系統にあるわけで、互いを分けているのは文化的な指標によるものです(主に縄文土器の有無)。縄文時代の開始とともに遺伝的に大きな変動があったのならいいのですが、文化的なカテゴリとしての「人」と遺伝的なカテゴリとしての「人」とはそもそも違うのではないかという単純な疑問もあったり。

うう〜〜〜ん、不思議の国を覗きこんだ気分です。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 11:50| Comment(0) | 日記

2019年06月17日

敗北感

みなさんこんにちは学芸員Aです。

先日、山梨県の甲府市(塩部遺跡)で高機(たかばた)の部材が出土したというニュースがありました。なんと古墳時代の6世紀後半のものと推定されるそうで、日本最古級の証拠だとか。

 2019-06-17_haibokukan.jpg

   NHKニュースより

 
考古学界隈には、「最古級」ときいて心躍るのは下世話なものとの一般認識がありますが、それでも最古と聞いて「おお」と思ってしまうのは学芸員も同じなわけでして、やっぱりこれは当たり前の人情のような気がします。

ところで、この十日町市博物館にも織物関係の展示物があります。

十日町近辺は古代から麻の織物で知られた越後の主要産地の一つで、その生産に使われた道具類一式が重要有形民俗文化財に指定されているのです。

織物の道具の中で、高機の歴史は案外浅く、江戸時代の終わりから明治の初めにかけて導入されたそうです。その最初は、渡り職人、飯塚(宮本)茂十郎さんの功績といわれていますが、どうしたって19世紀のことです。

その高機が、6世紀後半とは。。すごい開きです。

この発見の驚きを斜め前の職員にお伝えしました。

「1300年も差があるのかあ・・・なんとも凄い敗北感。」

しかも、北九州とか近畿ならわかるけど、ということのようです(失礼)。

いや、きっと越後でも、出土してないだけで高田(越後府)あたりならあったんじゃないかとワタクシは思うのですが、当該職員は所用ですぐ出かけていき、そうお伝えすること能わず、敗北感を滲ませた背中を見送ることになってしまいました。ごめんなさい。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 09:39| Comment(0) | 日記

2019年06月10日

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ向かうのか

先日ある講演会に参加したところ、進行の方が冒頭、こう述べました。


ボストン美術館には、フランスの画家ポール・ゴーギャンの描いた有名な絵があります。


ゴーギャンだけでなく、この「我々はどこから来たのか」というテーマは、

私たちが共通して関心を抱く事柄ではないでしょうか。」(要約)



その方は、浅間縄文ミュージアムの館長さんです。

袖から舞台に現れ、ありがちな「皆さん今日はお忙しい中・・・」などと言わず、

にわかにこう仰ったので、正直、驚きました。

でも、その知的な内容に若干クラクラし、惚れました。

講師のお話が始まる前から「来て良かった」と思ってしまったほどです。

終了時刻は30分以上も超過しましたが、特に苦痛とは思いませんでした。


実は、この講演会に先立つこと1週間前、私も講演会の進行を務めたのですが、

時間的な事情がわかっていたので定型的なこと以外は一切しゃべらず、そして終わりました。

終了時間が10分ほど押しました。

だから私のおしゃべりがなくて、それはそれで良かったといえます。

でも、AJMさんの講演会での経験をしてしまったいま、

いったい何が大事で何が大事でないのか

それこそ、我々はどこへ向かうべきなのか、考えさせられてしまいました。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 16:28| Comment(0) | 日記