2018年01月11日

冬の十日町なら小正月にくるのもありだと思う

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

雪の十日町なら「雪まつり」が代表と思う方もいると思いますけど、

もしかすると全国的には「婿投げ」のほうが有名かもしれません。

今月15日、その婿投げ・墨塗りが行われます。

15日は十日町の市街地でチンコロを売る節季市(せっきいち)があるので、

一緒にご覧になってはどうでしょうか。チンコロ、とってもかわいいです。

そういえば前日の14日は小白倉のバイトウもありますね。

こうなったらもう、14日は松之山温泉に泊まっていただいて、

そうすれば全部行けちゃったりします。

それ以外の時間はどうすればいいかって、そりゃ決まってますよね。



十日町市博物館へ!



学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:02| Comment(0) | 日記

富士山

みなさんこんにちは学芸員Aです。

少し前に静岡県富士宮市に「静岡県富士山世界遺産センター」がオープンしました。
昨年12月23日のことです。
google先生の画像検索をしたら、外観の画像が大量にアップされていました。
だれでも撮りたくなる、そういう外観だということがわかります。
坂茂さんの設計だそうです。


ところで検索していて気がついたのですが、富士山世界遺産センターはなんと、

2つありました。

冗談とかではなく、本当に二つあるんですよ、ええ。

 富士山世界遺産センター 2016年オープン 山梨県富士吉田市

 静岡県富士山世界遺産センター 2017年オープン 静岡県富士宮市


そうですよね、だって富士山はふたつの県にまたがっているんですからね。ははは。
ところで富士山と言えば、千円札にある図柄。夏目さんの裏です。
どうぞお手元のお札を見てみてください。どうですか、ありますか。
なければ、どうかお早目のお急ぎ目で警察に届けてくださいね。
この富士山の絵のモデルは実は写真でして、
その写真を撮ったのは岡田紅陽(おかだこうよう)というお方です。

驚くなかれ、このお方、十日町市の出身だったりします!


この郷土の偉人については、なんと記念館もあったりするんですよ。

知らなかったという方は、すぐにでも行ってみてください。
十日町人ならなおさらです。
記念館がどこにあるかって、そりゃあ・・・

山梨県富士吉田市ですよ。

http://shikinomori.webcrow.jp/okada.html


いつかきっと行きたいと思います。


(「自分は行ってないのか」、というツッコミはありだと思います)


学芸員A
続きを読む
posted by 十日町市博物館 at 13:21| Comment(0) | 日記

2018年01月06日

「調査研究」

みなさんこんにちは学芸員Aです。小学生からの質問に答えていたらこんな質問がきました。



「なんでそんなに色々知っているんですか。」



「毎日勉強しているからです。」と正直にお答えしたわけですが、それへの反応は「げ〜・・・」という感じだったので、若干複雑な気持ちになったというか、軽くショックでした。

ちょっと前のことです。


でもですね、この年明けに、小学生の将来の夢ランキングで、男子のトップが学者・博士だったというニュースに触れ、あの反応は一部の声に過ぎなかったと思い直しました。

戦隊モノの主人公が学者の顔を持つキャラ設定だった、ということが影響しているという声もあるようですが、理由が何であれ、ちょっと嬉しくなりました。

ところで、博物館は博物館法という法律にのっとって設置されていることを皆さんご存知でしょうか。法律ってなんにでもあるんです、なんだかすごい。


ネットは便利なものです。さっと検索できます→博物館法


スクリーンショット 2018-01-06 16.31.05.png


その第3条に、「調査」「研究」という単語が出てきます。抜き出します。


(博物館の事業)

第3条 博物館は、前条第1項に規定する目的を達成するため、おおむね次に掲げる事業を行う。

四 博物館資料に関する専門的、技術的な調査研究を行うこと。

五 博物館資料の保管及び展示等に関する技術的研究を行うこと。


(下線は学芸員A


博物館の事業では、資料に即して調査研究をすることも大事な柱となっている、とよんでも間違いではないでしょう。

学芸員は、はじめから全部知っていることなんてありませんから、当然毎日のように勉強、もとい研究しているんですね。そうしてはじめて皆さんに説明できるわけです。そういうお仕事です。


十日町市博物館だってそうです。見てみましょう。また検索↓


十日町市博物館条例

1条 市民の教育、学術及び文化の向上を図るため、博物館法(昭和26年法律第285号。以下「法」という。)18条の規定に基づき博物館を設置する。


十日町市博物館条例施行規則

2条 学芸員は、上司の命を受け、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業についての専門的事項をつかさどる。

(下線は学芸員A


ちゃんと入ってますね、「教育、学術、文化の向上のため」、そして「調査研究」。よかった。もし入ってなかったらどうしようかとドキドキしました。


そして最後に、末端の規則を確認。


十日町市教育委員会組織規則

4条 2  教育機関の事務分掌は、おおむね別表第2のとおりとする。

別表第2(4条関係)

教育機関

 博物館

 業務係

(1) 博物館協議会に関すること。

(2) 友の会及び提携等に関すること。

(3) 資料の収集及び保管に関すること。

(4) 展示及び講座等教育普及活動に関すること。

(5) 資料の刊行及び頒布に関すること。

(6) 施設の維持管理及び利用に関すること。

(7) 館の庶務及び会計経理に関すること。



ええっと・・・・・・・・・・・・・・・・・。


パンドラの箱は、あわててふたを閉めれば「希望」が残るそうですから、ここであわてて閉めたいと思います。



(明日、ワタクシのデスクがちゃんとありますように。)


学芸員Aの箱
posted by 十日町市博物館 at 17:28| Comment(0) | 日記