2017年08月07日

美佐島郷、羽根川郷、大井田郷、吉田郷、共に妻有荘と称す

うがいをしようとガラガラガラ〜と上を向いたとたん、

天井に足の多い虫がいるのをみつけて

あやうく噴水になりかけた学芸員Aです、

みなさんこんにちは。


前から気になっていて、合間合間の時間を使って調べている言葉があります。

「妻有郷」


この言葉の初出文献が分からなくて。


江戸時代に会津藩が編纂した「新編会津風土記」が手元にあります。

その「外篇越後國魚沼郡之三」の「十日町組」の項に、こんな記述があります。

「美佐島郷に属する村二 十日町村・原村

 羽根川に属する村五 山本村・八箇村・六箇村・北新田村・高山村 

 大井田郷に属する村五 新座村・四日町村・新田村・尾崎村・中條村 

 吉田郷に属する村七 沖立村・友重村・小根岸村・寺崎村・仁田村・野口村・上村・新田村 

 あり、共に妻有荘と称す、凡そ十九箇村あり、」


ここで注意したいのは、行政的な単位の階層についてです。

大きい方からいうと、國→郡→組→郷→村、となっていること。

もうひとつは、このなかの「組」という単位が、

中世の荘園と重ね合わせて理解されているということ。


荘園は中世の戦国時代までは辛うじて生きていましたが、太閤検知で解体されて、

実質的には廃止されているのですが、どんな因果があってか、

こうして名残りしているわけです。「称す」とは、なるほどと思わせる表現です。


少し話を遡ると、近世の十日町組の一帯は、

中世においては確かに妻有荘(つまりのしょう)と呼ばれており、

さらに少し前になると、波多岐荘(はたきのしょう)と妻有荘とがあったようです。

波多岐荘の範囲は、北は小千谷市との境の楢沢川から、南は津南町の中津川までで、

妻有荘は、北は中津川から今の長野県との県境付近の志久見川までとされています。

(出典:十日町市史編纂委員会編, 2000, 十日町市の歩み, 38頁)


史料や時代によってまちまちな部分がありますが、

最初は2つの荘だったものが、

理由は分からないけれど中世の末期までのあいだに

次第に妻有荘のみに収斂していったようです。


こうしてみてくると、十日町のあたりは、

古代においては魚沼郡4郷のうちどれかかもしれなくて

(前に触れたことがあるので省略)、

中世になると、波多岐荘(+妻有荘)→妻有荘という変遷があり、

近世になると、十日町組となって、そのなかがさらに4郷19箇村に分けられていた、

と理解していいのだと思います。


では、「妻有郷」とは、いつの時代の、どこのあたりをさすのでしょうか。

個人的には、この範囲は旧・十日町市から津南町の「現代の愛称」なのかな、

という気がしていますが、どうでしょうか。

もしそうだと、頚城郡だったけど新・十日町市として合併した

旧・松代&松之山町の範囲はどうなるのか。

でも愛称だったら、任意に変えていいわけだから、

新・十日町市ってことで、「妻有郷」の仲間に入れてしまうこともできるのか。

いや、それは頚城郡松之山郷の誇りから拒否されるんじゃないか、

などと

謎が謎を呼ぶ展開が見えてきたところで、

下手なことを言って「噴水」にならないうちに、退散したいと思います。


To Be Continued...!


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:42| Comment(0) | 日記

2017年08月04日

職場体験その2 3日目

みなさんこんにちは学芸員Aです。

職場体験3日目は、昨日、無事に終了しました。

最終日となったこの日の作業はこれ。


 矢づくりの続き(矢羽根取り付け)

 復元製作についての解説パネル製作 & 解説


縄文時代の「矢」がどんなものなのかを知り、

そしてそれを参考に身近に手に入る現代の材料で復元する、という過程を、

解説パネルと作った製品とともに解説してくれました。

2017-08-04_syokubataikensono2-3.jpg
【解説はロビー特設会場で。テーブルにフェルトを敷き、台座のうえに矢を展示。】

次から次へと迫り来る初めてづくめの作業を前に、

それでもめげずに頑張ってくれました。

今後、この経験が何かの役に立つといいなと、思います。

ちなみに職場体験の受入担当を初めてさせていただいたワタクシ。

普段は小学生を相手にしているので、新しい体験となりました。

日々勉強です。


そういえば、

北海道恵庭市のユカンボシE11遺跡から出土した縄文時代の「矢」。

復元される長さは約50cmほどだったそうですね。

なんとなく弓を引いたときの姿勢を想定して、

80〜90cmくらいと勝手に思い込んでいたのですが、これがいけなかった。

実習生がネットの新聞記事を読んで、解説原稿にこう書いていました。


「復元した矢は北海道の出土例の2倍ある」


不勉強を知り、冷や汗をかきました。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:13| Comment(0) | 日記

2017年08月02日

職場体験その2 2日目

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

今日の体験者は中学生1名。

内容は10月に開催予定の「ガラス鏃作り」ワークショップの実験。

鏃だけではなく、できれば矢まで作ってしまおうと目論んでいるので、

実際、誰でもできるのかどうか、その実験。

「矢作り」なんてひとことで言ってしまうと簡単に見えますが、

実は手が込んでいます。材料がこれだけ必要です。

 鏃(やじり)

 矢柄(やがら)

 矢羽根(やばね)

 糸

これらに加えて、鏃を整形するための道具、矢柄を整形する道具、

それから、鏃と矢柄をつけるための接着剤も必要。

「鏃作り」のワークショップは数あれど、

「矢作り」のワークショップがほとんどないのは、

おそらく、道具の用意の難しさのためではないでしょうか。

でも、だ・か・ら・こ・そ、チャレンジしたい。上向きで。



前回の職場体験の時に、

中学生にとってガラス鏃作りが結構大変なことはわかっていました。

その原因は、単純に、力の大きさが足りないのだと思います。

女性の方にも、なかには難しいという人がいらっしゃる可能性もあります。

なので今回は心の準備ができていました。


結果、やはり大変のようです。

わかっていただけに、なんだか申し訳ない気持ちに。


つぎに大変なのはイメージかもしれません。

「押し剥がす」(押圧剥離)というのがなかなかイメージしづらいのか、

あるいは、力が足りないのを補うためなのか、

5寸クギを手にして、とりあえず叩くんですね。

いろんな方を見てきましたが、皆さん同じ。


それでも、なんとか鏃をつくって取り付けできました。

2017-08-02_syokubataiken2-2.jpg


しかし、そうはいっても、予想外のことはやはりあるもので、

今日は新たに次の二つに課題があることがわかりました。


 1 焚き火を起こす(アスファルを溶かす準備)

 2 彫刻刀やカッターを使う(矢柄を削る)


・・・そっかー・・・。という印象でした。

詳細は省略します。

ただ、現代人が、手作業から確かに遠ざかっているのだということを

心の底から実感しました。


ワークショップの意義をどう考えたらいいのか、

新しい課題をもらったような気がしてきました。感謝。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 18:03| Comment(0) | 日記