2015年01月28日

子ども縄文研究展2014

みなさんこんにちは。

今日も豪雪してますか。

学芸員Aです。

IMG_1061.JPG

博物館の2階で開催中の子ども縄文研究展を覗いてきました。

ただ展示を見るためだけではありません。

恒例の「じっぱくブログ大勝」の選考のためです。

選考委員長ですから当然です。委員は僕だけですけど。

今年の採点は昨年とうってかわって難航しました。

どれもなかなかの力作だったからです。

年を追うごとにレベルアップしているのが分かります。

しかし、このじっぱくブログの配点は研究以外のところに重いので、

研究だけでは必ずしも高得点に結びつきません。ここがミソです。

どうかご理解下さい。

さて、お待たせいたしました。

栄えあるジッパクブログ大勝の発表です・・・


ドルルルルルッルルルルルルル・・・(ドラムロード)


・・・


大勝は・・・


鐙島(あぶしま)小学校さんです!!

おめでとうございます。ぱちぱちぱち!

作品を拝見しましょう。

もう、のっけから強烈なインパクトを与えてくれました。

IMG_1046.JPG
どこがって?写真に注目してください

IMG_1047.JPG
これです。あやしげですね。よく見えない人のために、拡大します↓

IMG_1048.JPG
・・・・!

なんだかもう、衝撃的すぎて言葉では適切な表現が見当たりません。

いろいろと超越しています。

といっては採点基準が疑われてしまいそうなので、すこし触れてみます。

最も大事なポイントは、

「誰も思いつかなかったことをやる」

これです。

過去に誰も思いつかなかったことなのですから、周囲からすぐに理解されることは稀です。

それだけに相当な説得と忍耐が必要となります。

マイナスからのスタートです。

そこを克服してきたことが評価のポイントになりました。

作品を見てください。実に奇天烈ですね。でもそこだけに目を奪われてはいけません。

真ん中の子も大事ですが、ここではその子を挟んだ二人、その笑顔。ここです。

この班のメンバーが、誰か一人の奇天烈な発案に理解を寄せ、採用し、

そしてチーム一丸となって作成に望み、ここまで進んできたことを如実に表しています。

ほかの学校から馬鹿にされるんじゃないか、失敗と言われるんじゃないか、

先生や学芸員から「遊んでんじゃないぞ!」としかられるんじゃないか。

そんな不安もあったことでしょう。

でも、そんな不安のなかでも互いを励まし、突き進み、たどり着いた。

結果、これまでの誰もしていなかったことが出来たわけです。

想像しながら学芸員Aはなんだか泣けてきました。

発表はどんな様子だったんでしょうね。聞きに行けば良かったなあ。


ところでインターネットがいつでも誰でも使えるようになったおかげで、

小学生でも高度な情報に触れることできるようになりました。

悪いとは言いませんが、ネットがあれば小学生でも簡単に縄文時代を調べられます。

でもここに落とし穴があります。

ネットには沢山の嘘が書かれているからです。

意図しない間違いもありますが、いずれにしても信用レベルは低い。

残念ながら専門でない人にはそれが分からないため、すぐにハマります。

壁新聞を見ていると、この痕跡が非常に多く見受けられました。

写し書きも多い。これはとても残念なことです。

クリック以外にも手を動かし、自分の力で明らかにできるものを大事にして欲しいと思います。

内容のよさとは、すなはち思考過程にこそ現れます。「答え」ではありません。

少なくとも先生や学芸員は、そこを見ているのです。

今回のじっぱくブログ大勝は、その辺も加味し、

ネットを見たり先生に教わったことだけでは絶対に生まれてこない、

オリジナリティ120%の形がそこにあったこと、ここを重視しました。

また来年、楽しみにしています。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 18:09| Comment(0) | 展示

2015年01月11日

昔の道具

いま博物館ロビーに「昔の道具」が置かれています。

昭和初期以降に使われていた道具で、小学校3年生の学習に使われる予定です。

3年生にとっての昭和初期からというと、曽祖父母・祖父母・父母と、3世代におよびます。

でも3年生にはまだ各世代を区別することは難しいでしょうから、

きっと父母の若い頃と曽祖父母とは一緒くたで、

「なるほどお父さんお母さんはガリ版なんてやってたんだ」と、あらぬ誤解をまねくことは必定です。

そんな誤解を解くのが学芸員の役割であり、そしてこの学習の目的といえるでしょう(ちがう)。

image1.JPG
(ガリ版印刷の謄写版)

image2.JPG
(近頃のハイレゾブームに先駆けて見直され出したアナログレコード)

image3.JPG
(いなかっぺ大将のメンコ・・・ちなみに僕のころは「ぱっち」と呼んでました)

ところで、この展示の中をしげしげ眺めていたら、

「いなかっぺ大将」のメンコを見つけました。

知ってますか、いなかっぺ大将。かぜだいざえもん、にゃんこ先生。

(ご存じない方はコチラ↓ いつものウィキペディア先生)

僕はテレビの再放送で知りました。

先日、笹山の作業員涌井さんに、「にゃんこ先生を知ってる?」と訊いたら、

え、なんですかそれ。と言われてショックを受けたばかりなのに、

この展示を見てまたそのショックを思い出して頭がくらくらしました。

小学校3年生にとってはいい学習になり、

大人にとっては自分たちの世代が「昔扱い」になったことを知るよい学習機会になる、

そんな展示ですが、、、「昔扱い」になった瞬間はやはりショック。

展示物を得意げに語ってくださった副館長Sさん(50代)はきっと、

だいぶ前にこのショックから立ち直り、そして突き抜けたのでしょう。

マイナスからプラスへ・・・たくましい。リスペクト。

早くワシもそうなりたいものだと思ったダス。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 09:53| Comment(0) | 展示

2014年02月25日

雛飾り

先日、博物館のロビーに雛飾りが設置されました。

設置中、なにやら賑やかなので覗いてみると、このとおり。ふたつも。

2014-02-25_ひなだん.JPG

 「どうしたんですか、これ、なにかイベントでもやるんですか。」

 「そろそろ雛祭りだっけね」 

 
 
 「そうですか・・・。」

ウィキペディアによると、雛飾りは平安時代に遊びの一種(おままごと)だったものが、

いつのまにか節句の行事と結びついたのだとか。

 へ〜・・・

と、男子真っ盛りの学芸員Aは100%興味がわかない、、、、わけでもないのですが、

雛段をじっと見ていると、どうも違うところに目が移りがち。

2014-02-25_おだいりさまとおひなさま.JPG

2014-02-25_たんす.JPG

2014-02-25_ごにんばやし.JPG

2014-02-25_ぎっしゃ.JPG

左右大臣の持っている刀に銘があるのかとか、箪笥の引き出しが開くこととか、

3人官女のうち実際のところ誰が一番カワイイのかとか、

果ては、3色の御餅とかアラレとか、小さな字で「白酒」とかいてある徳利とかも気になってくるわけです。

そういえば、白酒って、じつはドブロクなんじゃと気が付いて、つい手に取って、左右に振ってしまったあたりで、

はっと我に返って反省してしまいました。

 これはいかん。

 仕事中は飲んじゃいけない! (そこじゃない)


みなさんも楽しい雛祭りをお過ごしください。


学芸員(だと思う)A
posted by 十日町市博物館 at 14:33| Comment(0) | 展示