2014年02月25日

雛飾り

先日、博物館のロビーに雛飾りが設置されました。

設置中、なにやら賑やかなので覗いてみると、このとおり。ふたつも。

2014-02-25_ひなだん.JPG

 「どうしたんですか、これ、なにかイベントでもやるんですか。」

 「そろそろ雛祭りだっけね」 

 
 
 「そうですか・・・。」

ウィキペディアによると、雛飾りは平安時代に遊びの一種(おままごと)だったものが、

いつのまにか節句の行事と結びついたのだとか。

 へ〜・・・

と、男子真っ盛りの学芸員Aは100%興味がわかない、、、、わけでもないのですが、

雛段をじっと見ていると、どうも違うところに目が移りがち。

2014-02-25_おだいりさまとおひなさま.JPG

2014-02-25_たんす.JPG

2014-02-25_ごにんばやし.JPG

2014-02-25_ぎっしゃ.JPG

左右大臣の持っている刀に銘があるのかとか、箪笥の引き出しが開くこととか、

3人官女のうち実際のところ誰が一番カワイイのかとか、

果ては、3色の御餅とかアラレとか、小さな字で「白酒」とかいてある徳利とかも気になってくるわけです。

そういえば、白酒って、じつはドブロクなんじゃと気が付いて、つい手に取って、左右に振ってしまったあたりで、

はっと我に返って反省してしまいました。

 これはいかん。

 仕事中は飲んじゃいけない! (そこじゃない)


みなさんも楽しい雛祭りをお過ごしください。


学芸員(だと思う)A
posted by 十日町市博物館 at 14:33| Comment(0) | 展示
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]