2019年12月01日

さよなら博物館

みなさんこんにちは、今日は現在の博物館の開館最終日なので
ちょっぴりセンチメンタルな気分になっていたり

、、、しないドライな学芸員Aです。

こういう日はいつもと違うことが起こるもので、
もう既に灯油が切れたり、非番のはずの館長が来たりしましたし、
しかも12月には珍しく空が綺麗に晴れていたりします(←関係ない)。

1979年に開館してから40年。

さきほど年報をひも解いたりして、入館者数の推移を見ていました。
今年11月までの全部の合計をしてみたらこうなりました。


約74万4千人

これが多いのか少ないのかよく分かりませんが、
世界の男性の数が35億だそうですから、
それにくらべると随分少ないことがわかります。
(わからなくていい)

館がスタートして3年目くらいまでは、入館者数は年間2万人くらいでした。
それが次第に増加して、火焔型土器が国宝に指定された1999年には年間3万3千人を越えました。
これが現在に至るまでの年間入館者数の最高記録です。

その後、2004年の中越地震と2011年の長野県北部地震の年に
1万3千人くらいに落ち込む年もありましたが、
逆に大地の芸術祭の年には例年よりも3千人ほど増えるという現象が
3年に1回繰り返し起きていました(トリエンナーレ)。

これを除くとここ数年は1万5千〜1万6千人ほどで推移していたようです。

月別の推移を見ると、2月が興味深い推移を示していました。
2004年に約1300人だったものが、2005年から2012年の8年間、
2月の入館者数が3千人を越え続け、
そして2013年からは約1300人〜2100人に減少していたのです。

2月は大雪のシーズンですので、なにもなければ少ないはずですが、
年間のうちで高い割合を示します。
これはひとえに「雪まつり」のおかげでしょう。
だから、上の変化ももしかすると雪まつりと関係があるのかもしれません。
それにしてもなぜ8年間だけ・・・・?
館長に訊いてみたら、こういう回答でした。

「俺が来てから雪まつりの広場のカウントをやめたんだ」

な、、なるほど。

一般的に、博物館の業績評価項目のひとつに入館者数がありますから、
こうした動向の要因分析は今後必要だろうと思います。
またこれから観光がもっと重視されるようになるなら、
ほかの項目も総合的に分析して評価し、
博物館の経営に役立てる日がくるかもしれません。

さて、まだこれから何が起こるか分かりませんが、
閉館のシャッターが下りるその瞬間まで気を引き締めて業務に臨みたいと思います。


学芸員A

追記
1981年から2019年12月1日(本日)までの来館者数の合計は745,126人でした(1979年・1980年の記録なし)。
ご愛顧いただいた皆様に、心より深く感謝申し上げます。
posted by 十日町市博物館 at 12:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]