2019年08月09日

南無南無

この時期は、なんとなく胸騒ぎがして、

博物館裏に置いてある石仏を見て回ります。

そして倒されて草に覆われた石仏を起こし、据え直したりします。


IMG_4374.JPGIMG_4377.JPG

なぜわざわざ倒すのでしょうか。

人にとって何が大事なのかについて、

無関心なのかな、と思います。


南無南無。


あのとき失われたあらゆるものと多くの悲しみのために。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]