2019年07月04日

博学連携プロジェクト 交流学習会

みなさんこんにちは学芸員Aです。

今週の月曜日に、博学連携プロジェクトの交流学習会が開催されました。

会場はこの博物館と隣りの総合体育館です。

博物館では、展示室での解説付き見学、ロビーでのミニ土器作り体験、講堂的な場所での日本遺産に関する解説の聴講、これを班ごとにローテーションで巡るという活動でした。なにせ児童が180人ほどいるので、大にぎわい。博物館では静かにしようねという声すら届かない、、、と思いきや、「その時」になればさすが6年生、ちゃんと静かに学習していました。

IMG_4080.JPG
(K子先生の軽妙トークはいつも冴えてます)


ワタクシは展示室で、馬高縄文館学芸員Nさんと分担して解説させていただきました。今年は男子班と女子班とが分かれており、どういうわけかワタクシは男子班だけに解説することになっていました。

だいぶ熱を込めてお話ししたせいか、真剣に聞いてもらえたような気がします。人間の食、性、死に関わるお話になると、皆さん目の色が変わります。大人でも同じ。縄文には、というか考古学には、この手の話がテンコ盛りですから話は尽きません。

ちなみに男子班がもっとも盛り上がる展示物って何か、みなさんご存知ですか。


「石棒」です。


そういえば・・・

旧石器時代の「語り」の貧困さはこの辺にあるのかもしれません。出土資料の問題です。食べ物が検出されることも稀なら、性にかかわるものはないし、死となるともはや、、、。石垣島で見つかっている(増えている?)人骨資料が最大のヨスガ。今後に期待しよう、、、などと、児童に解説しながら要らぬことを考えていました。

さて、総合体育館に移動してからは、学校間の交流を深めるためのゲームなどが行われていました。

聞けば、11月に開催されるフォーラムまで交流することはないそうです。この事業に協力させていただいてから数年経ちましたが、学校の学習法を理解するにはまだ時間がかかりそうです。大きな人数を動かして、ちゃんと学習(習得)させるということは本当に大変なことなのだと、いつも思います。

みなさんお疲れさまでした。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 15:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]