2019年06月18日

不思議不思議の遺伝子

みなさんこんにちは学芸員Aです。

ニュース的なネタが続きますが、どうかご容赦ください。

「縄文と弥生」の比較っていうと、いつもニューストピックにあがります。それだけみなさんの関心が高いのだと思います。

最近はDNAの解析技術が格段に向上したおかげで、このトピックへの寄与が非常に大きくなりました。最も新しいニュースはこれでしょうか。

東京大学大学院理学系研究科のプレスリリース



2019-06-18_husigihusiginodne.jpg
        (上記ページ図3より)


内容を要約すると、

現代の日本人男性345名のY染色体の全塩基配列決定と変異解析をしたら、日本人のY染色体は7つの系統に分かれ、そのうち「系統1」が縄文人由来する、と。で、「系統1」に含まれた122人の縄文人由来のY染色体を対象に遺伝子系図解析を行ったら、縄文時代晩期から弥生時代にかけて人口が急減したのち急増したことが判明した。

というものです。

あーむかしならったかもしれない、わいせんしょくたいとか、えんきとか。。みたいな感じかもしれませんが、そんなのわかんなくてもいい感じですね。でもよくみるといろいろと不思議なところがあります。

たとえば現代人を調べて過去のことが分かっちゃうという遺伝子系図解析の性質で、しかも「人口が増えた減った」ということと、「時系列上の位置を特定」できてしまうということだと思います。すごいことなんですよね、たぶん。

しかし、なんで年代が分かるんでしょう。物理学や生物学や地質学や考古学が言っている年代は、物理的な性質から測定したものか、または暦年の記録された「事件」との関係から推定されますが、これらとは違う気がします。遺伝子の変異の速度が一定と仮定するアレでしょうか。

それに、縄文時代の人口がほぼ全部フラットなのはなぜなんだろうなとか、だいたい「縄文人」ってなにもののことなのか、とか。だって縄文人って、もっと前の旧石器時代に大陸から来た人々が定着したもので、実際は旧石器以来の人々の系統にあるわけで、互いを分けているのは文化的な指標によるものです(主に縄文土器の有無)。縄文時代の開始とともに遺伝的に大きな変動があったのならいいのですが、文化的なカテゴリとしての「人」と遺伝的なカテゴリとしての「人」とはそもそも違うのではないかという単純な疑問もあったり。

うう〜〜〜ん、不思議の国を覗きこんだ気分です。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 11:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]