2019年01月28日

展示の豊かさと限界

みなさんこんにちは学芸員Aです。

新・十日町市博物館の準備が日々、

たぶん着々と進んでいるかもしれない今日この頃、

ここ最近は沢山ある展示解説文の作成に取り組んでいます。

情報は種類によって文字数がすこしずつ異なるので、

限られたスペース(100字とか200字とか!)に入るのはどれだろうかと

何度も作成しては直してを繰り返しています。

書きたいことは沢山あっても、展示物がそれに対応してなければ意味がないし、

まっすぐ展示物に即して書けば必ず文字数がオーバーするし、

その丁度いいところを狙うのは簡単なようで難しいものです。


この作業をするなかで気が付いたことの一つに、

展示解説文を書くときの参考書は、専門書よりも、

意外と一般向けの概説本の文だということです。特に表現の仕方。

専門の裏付けがありながらも、比較的平易に書かれているからです。

いくつか読んだ中で、これは簡単に読めていい〜と思ったのはこれ。

2019-01-28_tenjikaisetunotamenoryousyo.JPG


今村啓爾 著 縄文の豊かさと限界

2002年、日本史リブレット2、山川出版社)


なにより目次から奥付けまでで丁度100ページ!という手軽さが凄い。

この分量によく入れられたものと感心します。なかなか無いんじゃないでしょうか。

専門用語を極力減らした簡潔表現のお手本のような本で、

随所に解説文としてパクリたく引用したくなる文章が沢山あります。

17年も前の本なので、ビジュアルとか最新情報はアレですけど、良い本です。

よろしければ。


学芸員A


posted by 十日町市博物館 at 10:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]