2018年11月29日

博学連携プロジェクト 子ども縄文フォーラム

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

半年前から学習を重ねてきた博学連携プロジェクトの児童たち。集大成ともいえる「フォーラム」が先日開催されましたので、その成果を拝見してきました。

46671721_2168617500019870_2084587210614505472_n.jpg

【口頭発表】
こういう意見が多いように見受けられました。


 ・縄文人は自然を大切にする

 ・縄文人の生き方や精神を未来へ引き継ぐ


現代人、現代社会との違いをそれぞれに感じていたようでした。それから、現代においても大切と考える点を抽出して、それを未来へ引き継ぐべきだというところまで考えたことが印象的でした。単に過去を知ることに主眼を置いてない当プロジェクトの主旨がよく反映されていると思います。

司会の金子先生から「自然を大切にするってどういう風に?自分では何かしていますか。」という質問がありました。

ワタクシも同じことを思っていました。発表の中に、土器作りをして幾つかが割れてしまったという経験談があって、それが気になっていたのです。なぜ割れてしまったのかを考えただろうかと。

土器作りに使う粘土も燃料の薪も天然資源です。もしかして資源を無駄にしてしまったのではないか。自然との付き合い方を学習の最中で体験的に考えるいい機会だったんじゃないかと思います。資源の使い方を間違えると大変なことが起こる、こともある。単なる土器作りひとつからでも、自然との関係について何かを学ぶことができれば、それが「未来へ」つながるんじゃないか、そういう風に思っていたのです。

そういうワタクシも土器が割れちゃったときは「ああ割れちゃったね、残念!」くらいにしか思っていませんでしたし、自然との関係みたいな話をしたこともありませんでした。反省です。今回もまた、いろいろ考えさせられる口頭発表となりました。

46733078_2168617510019869_25084546038890496_n.jpg

【ポスターセッション】
関原小学校さんのポスターを集中的に拝見していました。人数が多いからなのか、構成は毎年そつのない感じがします。

どこから情報を持ってきたのか、住居タイプや土器型式の図を集成したポスターがありました。発表の仕方がよく、衆目を集めていました。

また、考古学的にという意味ではなく、もっと広い意味で、特定分野のデータを同じ水準で並列するということに基礎科学の出発点を感じ、ポスターセッション賞(仮)のひとつに選ばせてもらいました。そういえば自由研究で身の回りにある植物で大量の標本を作った方が受賞した話をここに書きましたが、考え方はあれに似ています。集めることは科学の基本なのです。

ポスターは毎年違い、先生のリーディングも垣間見えるものです。たいへん興味深く拝見しました。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 09:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]