2018年10月31日

世界一の巨大生物とは

みなさんこんにちは学芸員Aです。

ここ数日、野外業務(外業)をひと休みして博物館(内業)に勤しんでいます。

外業していると内業が恋しくなりますが、

内業に戻るとやっぱり外業がいいなと思ったりします。

無い物ねだりです。


ところでみなさん、世界一おおきな生物って何か知ってますか。

ワタクシはてっきりシロナガスクジラ(30m)かと思っていたら、さにあらず。

実はオニナラタケというキノコなのだとか(テレビ情報)。

地中に菌糸を張り巡らして広がり、確認された大きさは8.9平方キロメートルだとか。

でっか!


キノコの菌糸は放射状に伸びるそうで、

ワタクシたちが目にする所謂キノコ(子実体)は

その広がりの縁辺(尖端)部に生えてくるから、円環状に分布してみえる、だそう。

「へー」と思ったその矢先!

見てしまいました、結構身近で。これです。








2018-10-31_sekaisaidainoseibutuhakinoko1.JPG


どうです、わかりますか?円環状に分布するキノコたち。

画素数の大きいのを用意したので拡大してご覧ください。

ちなみに一つだけ拡大するとこうです。

2018-10-31_2018-10-31_sekaisaidainoseibutuhakinoko1.jpg

ヌメ〜ッとしてます(まんま)。

テレビで知ったにわか知識ながら、

これらをみて「でか!」と思う人はあまりいないだろうなあと思って、

知っている自分に酔いしれ、ひとりほくそ笑みました。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]