2018年04月12日

ひきりうす、ひきりぎね

みなさんこんにちは学芸員Aです。

ちょっとまえに、石川県の有名な縄文時代遺跡「真脇遺跡」の出土品の中から「火きり臼」が見つかったというニュースが流れました。

毎日新聞さん
縄文人の火おこし道具 3300年前、板にくぼみ 石川」

「何それ」と思ってその内容を見て「え、あ、そうなのか」と驚きました。

まず火起こしするときの台になる道具、その名前が

ひきりうす

だということ。

浅学にもほどあがるわけですが、そこは気にしないまでも気づかないフリでお願いします。

そして2番目に驚いたのは、

縄文時代で2例目

という事実。

「首都大の山田先生が言うのだから間違いない」などと、

権威にすがってはいけないわけですが、もしそれが2例が20例の間違いであっても、

数万箇所はあるだろう縄文時代石の中では非常に少ないことに変わりないので、

たいへんすごいすごい貴重な出土品なわけです。


で、この「ひきりうす」。

漢字で書くと「燧臼」一発変換すごい。

新聞記事では「火きり臼」ってなってたけど、火鑚臼ってのがそれでしょうか。

この真ん中の難しい字は、「錐」のことみたいですね、なるほど。

次にじゃあグルグルするほうの棒はなんというかというと、


ひきりぎね


だそうです。マジすか。漢字は燧杵。火鑚杵。臼に対して杵。

おお・・・!

どなたか、あまりにも分かり易過ぎたときの良い驚き方を教えてください。

で、これらの漢字がわかったところで、こんな記事がヒットしました。


文化庁さんの文化遺産オンラインです。

データベースを見ると、

国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」とされているようです。

愛知県では県の無形民俗文化財になってますね、ちゃんと。

長野では・・・は、またいずれ(調べない予感)。


そういえば、笹山じょうもん市の開会セレモニーだったかで、

巨大な燧臼と燧杵をつかって火を起こし、

火種を持って住居の中に火を灯すっていうことをやっていたことを思い出しました。

アレってもしかしてコレにあやかっていたんでしょうか。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]