2018年01月26日

雪庇落とし

みなさんこんにちは学芸員Aです。

今日は朝から雪掘りに勤しみました。

ですが、ふと気がつくと、博物館の屋上の雪が雪庇を形成していました。

こりゃアブナイ。

率先して下での見張りを買って出た1名を置いて、2名で屋上へ急行しました。

すごい雪です(今更)。

2018-01-26_seppiotosi1.jpg
向こうに見えるブルーシートは休工中の新博物館の基礎。

屋上へ着くと、出入り口に胸の高さを超える雪が積もっていて、

このままでは雪庇にたどり着くのは難しそう。

というわけで、さっそくカンジキを持ってきて装着。じゃーん。

2018-01-26_seppiotosi2.jpg

さすが博物館!と思いきや、「お客様の体験用」なんだとか。

いやいやいや、実用を体験用にも供していると言ってください。


さて。

一通り終わって、息が上がったのを隠しながら、ひと休み。

一緒に作業した同僚。なにやら佇んでいらっしゃいます。

視線の先は・・・むむむ!さては「俺の新博物館」か。

2018-01-26_seppiotosi3.jpg

インタヴューしてみました。


「博物館の雪庇取りをしてみて、今どんな気分でしょうか。」

「雪国の醍醐味ですかねー。」


・・・普通に「雪景色」を見ていたようでした。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]