2017年11月09日

カップヌードル・イン・火焔型土器?

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

NISSINさんのカップヌードルっていえば、

食べたことがない人なんてこの世にいるのだろうかと思うくらい超メジャー。

そのNISSINさんがなにやらコラボしてこんなものを作ってくれてました。

国宝応援プロジェクト "カップヌードル専用縄文土器" がついに完成!「縄文DOKI★DOKI (ドキドキ) クッカー」を2017年11月6日(月)に限定発売



11月6日って、もう過ぎてんじゃん。

そう思ったそこのアナタ!



全くの正解!



なんのヒネリもありません。すみません。遅きに失するとはこのこと。

このところ忙しくて、気にはしていたもののアップする気力が湧かず、

今に至ったわけです(言い訳)


で、このドキドキクッカーですが、お値段が高いんです。

そんなに素直に「高い」と書いたら、きっとどこかで角が立ちそう。

でも、

その金額を聞いたら99.99パーセントの方にそう思っていただけると確信しているので、

迷いなく書いてしまうのです。

いくらか。



55,000円(税抜き)



ね、高いでしょう。

ただ、世の中にはこれを「高い」とは思わないかたが極々わずかにおられるようです。

限定5点のこれが、なんと・・・・発売直後に売り切れたそうなんですよ。



まーじで?



博物館の係長がそう呟いたような気がしますが、気のせいだったらごめんなさい係長。

でも係長がそう呟かなくても、99.99パーセントのなかの誰かがそう呟いてくれるはずなので、

なんら心配いらないと思うわけです。


さて、このカップヌードルを入れる容器ですけど、

発売前にこういうのを作った方がいらっしゃったとのことです。

松本ジュンイチローさんの作品

同じことを考える人がたくさんいるのか、あるいはアイディアのパ○リなのか。

もちろんそれは謎。

縄文らしくていいですね。


学芸員A

posted by 十日町市博物館 at 16:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]