2017年08月04日

職場体験その2 3日目

みなさんこんにちは学芸員Aです。

職場体験3日目は、昨日、無事に終了しました。

最終日となったこの日の作業はこれ。


 矢づくりの続き(矢羽根取り付け)

 復元製作についての解説パネル製作 & 解説


縄文時代の「矢」がどんなものなのかを知り、

そしてそれを参考に身近に手に入る現代の材料で復元する、という過程を、

解説パネルと作った製品とともに解説してくれました。

2017-08-04_syokubataikensono2-3.jpg
【解説はロビー特設会場で。テーブルにフェルトを敷き、台座のうえに矢を展示。】

次から次へと迫り来る初めてづくめの作業を前に、

それでもめげずに頑張ってくれました。

今後、この経験が何かの役に立つといいなと、思います。

ちなみに職場体験の受入担当を初めてさせていただいたワタクシ。

普段は小学生を相手にしているので、新しい体験となりました。

日々勉強です。


そういえば、

北海道恵庭市のユカンボシE11遺跡から出土した縄文時代の「矢」。

復元される長さは約50cmほどだったそうですね。

なんとなく弓を引いたときの姿勢を想定して、

80〜90cmくらいと勝手に思い込んでいたのですが、これがいけなかった。

実習生がネットの新聞記事を読んで、解説原稿にこう書いていました。


「復元した矢は北海道の出土例の2倍ある」


不勉強を知り、冷や汗をかきました。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]