2017年07月28日

実物・復元・仮想現実

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

鉄道博物館が来年の夏までの間に次々とリニューアルを仕掛けていくそうですね。

先日プレス発表されたところでは、

とりあえず次の3つがリニューアルオープンしたそうです。

鉄道ジオラマ、鉄道文化ギャラリー、トレイルレストラン日本食堂。

2017-07-29_jitubutuhukugenkasougenjitu.png

ジオラマは、長さ23m*幅10mという大きさらしく、

別に鉄道好きでもないのに観に行きたいと思ってしまいました。

ええ、、、デカイもの好きです。珍しいものも好きです。

単にミーハーなんです。



ギャラリーは、・・・・と、

説明する必要はなくて、リンク先を読んでいただくのが一番です。

個人的な感想で恐縮なのですが、

その中で印象的だったは、説明の文言、その並びでした。

職業柄でしょうか、再度確認というか思い直すことがあったからです。

最初の展示コーナーの説明に

「実物の展示と合わせて展示解説端末を設置」

とあり、

3番目のコーナーの説明には、

「サンプルを60点以上展示し、食品サンプルをタッチするとモニタに解説が展示」

とあります。

何気ない書き方ですが、展示物の優先順位を意識してか、してないのか、


実物→サンプル→情報端末


となっているような気がしました。すっと飲み込めます。

人が感じるリアルさのレベル、

あるいは観る人が魅力を感じる優先順位に対応しているようにも思います。

観るならもちろん本物がよくて、本物がダメならせめて復元、

それもだめなら映像で、という順位、ありませんか。

それにのっとってます。


ところで「仮想現実」っていうのは、

現実としては起こりえないことが「仮に」でも実現できることに、

魅力があるような気がします。

かっこいい言い方をすると、仮想現実は例えば「未来を映す」ことができる。

今はまだ現実のものになってなくて、復元もできないけれど、

「技術が進めば将来こうなる」

というものを、映像だったら見せられる。だから「ワオ!」となる。


逆にもしもこうなってたら、ガッカリしますね、きっと。

実物があるのに映像しか見せてもらえない、、、

あるいは頑張れば復元できそうなのに映像だけ。。。


いかに現実に近づいているか
それが魅力の根源。


映像技術などを使った仮想現実を展示に使うとき、

観る側の目的や感覚的な優先順位を間違えないようにすることが大切だと、

今日もまた勉強したのでした。

当たり前のように見えることを確認することも、また勉強。


しかし、鉄道博物館、夏休みは激混みなんだろうなー


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]