2016年12月19日

越後縮の始まりのこと

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

起源論というのはいつの時代も人の心を捕えて離さない魅力があります。

このブログでも最近、「異獣」についてと、「天神囃子」について、

それぞれ勝手なことを書いてきましたが、

それはつまり学芸員Aもまた捕えられてしまった一人になったということです。


さて、今日の起源は「越後縮」です。

越後縮(えちごちぢみ)というのは、

苧(からむし)という植物の繊維から作る織物のなかで、

強い撚りをかけて織った麻布のことで、

新潟県の中でも魚沼地域を中心に生産されていたものをさします。

江戸時代に始まり、一次は隆盛を誇りましたが、明治時代には衰退し、

現在ではほぼ技術伝承のためのみ、細々と織られ続けています。

十日町市では、「越後縮の紡織用具及び関連資料」という名前で、

国の指定する重要有形民俗文化財に指定されています。


その越後縮の始まりについては、実はあまり明確なことが分かっていません。

でも、google先生に訊くと、ほぼすべてのサイトが凡そこのように言っています。


 江戸時代に播州明石の堀次郎将俊という人が小千谷市にやってきて、

 縮の技術を麻織物に応用して、これを周囲の人々に伝えた。


失礼かもしれませんが、


これ、本当でしょうか。

実はいままでにも、異論が幾度も提示されているのです。

一番まとまっていて、詳しく書いているのは900頁以上になる渡辺三省さんの大著、

「越後縮布の歴史と技術」(小宮山出版、1971年)でしょうか。

その第5章第2節(109〜116頁)の一部を要約すると、

以下のようになるかと思います。


1 『績麻録』(1800年)
播州明石の浪人で明石次郎という人が小千谷に来て、
明石で覚えた縮を織って、近くの人に教えた
(堀という字は出てこない)

2 『新編 会津風土記』(1803〜1809年)※文末参照
播磨明石より竹屋某という人が魚沼郡に来て、
縮を織り始めて、次第に広がった
(堀という字は出てこない)

3 肇巧碑の碑文の原文(1818〜1830年)
寛文年間に明石次郎という人が来て云々・・
(堀という字は出てこない)

4 明石堂再建の奉加帳(1847年)
「はりまの国明石郡より堀次郎将俊というかれ人きたりて」
(ここで初めて堀、将俊などが出てくる)

5 極楽寺の明石様の墓
「無縁墳」と彫られた墓碑がその墓とされている  「天明六年」(1786年)とある
(逝去した年は1679年とされているので、一致しない。)


上記の1と2については、小千谷市史にも書かれており、

渡辺さんも小千谷市史も、


結局よく分からないと結論しています。


要するに、播州明石から来た人が、

明石で習得した縮技術を麻織物に適用して、

周囲に伝えたことまでが確かそうな情報で、

肝心の名前ははっきりしない。


分かっていてもそれは、明石次郎・竹屋某・堀次郎将俊 的なものだったということです。


個人的には、あとだしジャンケンみたいな堀・将俊っていうのはどうかと思うのと、

寧ろ、「竹屋某」(たけやなにがし)っていう、如何にも適当な名前のほうが、

お国自慢的に書こうという意図が全くなくて、

逆に信憑性があるような気がするので、応援したい、

そんな気持ちになりました(テキトウ)。



今後はワタクシも、信用のために「某」にしたいと思います。


学芸員某

※新編会津風土記巻之百六小千谷組の項を引用したというが、実際に引用されている文章は巻之百六魚沼郡の項であって、小千谷組の項ではない。小千谷組の項は巻之百七である。会津藩の調査では小千谷の出来事として記録していなかったことになる。
posted by 十日町市博物館 at 17:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]