2015年04月01日

火焔型土器ポストカード

みなさんこんにちは。

元気がなくてもご飯は美味い。学芸員Aです。

色々なところからちょっとずつ応援いただいている「火焔型土器を聖火台に」(略)の運動。

気をつけて見回してみると、運動の一端が、

皆さんの周りにもちょっとずつ見つけられるかもしれません。

僕は最近、博物館のカウンターにこんなものを見つけました。

ご当地フォルムカード「火焔型土器」です。

IMG_1267.JPG

ついに出たか!という感じです。

このシリーズは、毎年、県別カテゴリーで順次バージョンを増やしているようで、

県内ではこれまで、以下のものがリリースされてきました(括弧内はリリース年)。

 トキ(2009)
 錦鯉(2010)
 上杉謙信(2011)
 へぎそば(2012)
 笹団子(2013)
 西福寺開山堂(2014)

そして、2015年、ついに「火焔型土器」が出たわけです。

いままでなぜ、火焔型土器がなかったのか?なぜ今なのか?

遡ること3年前。

「火焔型土器のポストカードが欲しい!」そう思った僕は、

世を忍ぶ仮の姿で郵便局に入るときは決まって

「火焔型土器のハガキはないんですか。」(×2)

と笑顔で職員さんに訊く運動に取り組んできました。

もちろん、プレッシャー・・・じゃなくて、希望伝えるためです。

内心は

 「何故ないんですか、あるべきじゃないんですか、
 ねえ、そうでしょう、どうですかどうですか、どうなんですか。」

と郵便局の方々を問いつめたいところだったのですが、

そこをぐっとこらえ(大人ですから)、そんな質問を繰り返して来たわけです。

きっといい迷惑だったに違いありませんが、

ともかく、こうして実現に至ったということは、

これまでの努力は無駄ではなかった、そう思いたいところです。

3つの土器の、真ん中。これ、笹山遺跡出土の「ナンバーワン」です。うふふ。


皆さんも、このポストカードを使って、ご家族、友人に宣伝してみてください。

「火焔型土器を聖火台に!」

是非。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:48| Comment(0) | 火焔型土器を聖火台に!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]