2019年09月30日

バザー、フリマ、マルシェ

みなさんこんにちは学芸員Aです。


昨日の日曜日、笹山遺跡でマルシェが開催されました。その名も


Oh! むかしマルシェ


初めての開催にしては盛況だったようです。


こういう企画を通じて、身近なところに潜り込んでいるのになかなか意識できない、遠い昔の文化の影を感じてもらえたら嬉しいなと思います。


ところで、マルシェってな〜に?と思う方も結構いらっしゃるんじゃないかと思います。


つい最近でも、ものすごく身近なところで「マルシェってのは、要するに単なるフリーマーケットなんよ。」と説明するお方を見かけしましたし、今日もシルバーの作業員さんたちとお話ししていたら、かつてのワタクシ同様、そもそもそんな用語を聞いたこともないし、説明されても経験の中に思い当たるものがない、といった感じでした。

そういうワタクシもつい最近までマルシェというものを全く知りませんでしたから、似たようなものです。


あるサイトを見たら、こんな説明がありました。


 バザー ・・・特売


 ●フリーマーケット ・・・中古品。蚤の市とかガレージセールとも


 ●マルシェ ・・・市場


これだと、マルシェの説明はかなり広義で、むしろバザーとフリマが特殊な感じです。バザーとフリマ以外は全部マルシェのような気もしますが、3つとも特定の日に開催するグループなので、マルシェは臨機的な市場と見ればいい、ということでちょっと納得です。


とはいっても、この3つに共通する大事なことは、普段の生活のなかでは実現しないような新たな交流のきっかけが生まれるということです。臨機性がそれを生み出すのかもしれません。縁日的な特別感がありますから。出店者とお客さんの間はもちろん、出店者同士やお客さん同士の接点も作り出して、新しい緩やかなコミュニティを作り出していくのです。


そういうコミュニティやマルシェの具体的な将来像はまだぼんやりしていて、ワタクシにもよくわかりませんが、交流の側面からマルシェにハマる人は多いようですし、実際その場に身を置いてみると、これが地域づくりひとつの道になっていくのではないかと感じさせる何かがあります。


ところで、遺跡は過去のものを現代に残したものなので「遺産」ともいいます。

ですが、そこにあるだけでは片手落ち、というかたぶん逆に負債が膨らむばかりのような気がします。現在から将来にわたって社会のなかで何かの役に立ち続けることが必要だと思います。寺社仏閣のような現役バリバリの遺産とは違って、遺跡といわれるものは特にそうでしょう。何もしなければ廃墟か野原のように見えるかもしれません。


笹山は、火焔型土器などが国宝に指定されてからずっと「笹山じょうもん市」というイベントが開催されてきました。これに加えてここ7年余り、発掘調査に伴ってボランティアと協力してワークショップを続けてきました。そして今年、新しいイベントが生まれました。どのイベントも、ここが遺跡であることによって価値付けられたものです。


こうした活動の積み重ねが、地域にとっていいことにつながれば素敵だなと思います。


学芸員A

posted by 十日町市博物館 at 11:24| Comment(0) | 日記