2018年06月05日

No.6と書いてナンバーロクと読む

最近「2度寝すると十分睡眠が取れる気がする」という自己暗示をかけて、本当にそうなりかけている学芸員Aです、みなさんこんにちは。

東京国立博物館さんの広報力はすごいものがあります。

スクリーンショット 2018-06-05 17.29.37.png

だって、ウチの受付や電話で「火焔型土器が東京で展示されるんですよね、もういっちゃった?」とか、「東京にいっちゃってて今は見られるんですか」とか、そんな質問をたびたび頂戴するからです。

東京に行っちゃうから今のウチ見ておきたい、そういう方もおられるのかもしれません。もちろんご来館の理由はわからないのですが、東京国立博物館さんの広報のおかげでいろいろ助かっているような気がします。ありがたやありがたや。

で質問を受けるたび、

 国宝の火焔型土器は14点もある

 国立博物館に出かけるのはそのうちのナンバーロク

 有名なナンバーワンはここにある

ということを正確にお答えすることがたくさんあるのですが、ふと気づくことは、「ナンバーシックス」と言わずに「ナンバーロク」といっても怪訝な顔をされたりしないということ。ナンバーロクという言い方は英語と日本語のチャンポンなわけですが、気にされる方はいらっしゃらない。なんでだろう。なんでだろう。

もしもナンバーシックスと言ってみたらどういう反応があるのでしょうか・・・ちょっと興味が湧いてきました。

今後もし、窓口で「ナンバーシックス」と説明された方がいらっしゃっても、それは「実験台」にされたとかでは全くなく、英語を話しそうで且つ知性あふれるレディース&ジェントルマンな方とお見受けしたから、ということですから、どうか全然、微塵も、毛ほども気にしないでくださるようお願い致します。

なお、ナンバーワンの展示期間は、ここにあります。次の展示はこのようになります。

 7月21日(土曜日)〜9月17日(月曜日)

大地の芸術祭と丸かぶりです。芸術祭にお越しの方は、ぜひナンバーワンを見ていってほしいと思うわけです。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:37| Comment(0) | 日記