2018年05月11日

十日町のきもの歴史展

みなさんこんにちは学芸員Aです。

先日市役所の何かの係りの方が来て「体調はどうですか」と聞きまわっておられました。

きっとそういう関係の部署の方と思います。

 「ええ、まあ。」と死んだ目で答えたら

 「言わせてる?あはは。」と笑いながら去って行きました。


ところで、いま、博物館の2階で「十日町のきもの歴史展」という展示を行っています。

見たことがなかったので行ってみました。

ずらっと並んでいるのは、明治から昭和・平成にかけての歴代着物。

噂に聞いたアレやコレやの名品が年代順に並んでいて、

「おお、これが!」というのが一目瞭然な感じで、分かりやすい感じでした。

博物館の常設展示では語られていない詳しい解説があるところも良いです。

古典的な着物に興味のある方は是非ご覧になってみてください。

2018-05-11_kimonorekisiten3.jpg

ただ、ワタクシが興味を持ったのはこちら↓ 

買継問屋(かいつぎさん、と呼ばれる。)お宅からの寄贈品。

なかでもハンコ入れがすごい。いつもながら珍品が好きです、ええ。

2018-05-11_kimonorekisiten2.jpg

2018-05-11_kimonorekisiten.jpg

よく見ると、ハンコを立てる穴のサイズ(径)がいろいろあり、

実際にそこにハンコが差し込まれているという驚きの逸品です。

そもそもハンコを手放す方は珍しいですし、

したがって人のハンコをまじまじと見る機会なんて普通はありません。

なにか、見てはいけないものを見てしまったような、妙なドキドキ感がありました。

着物といっしょにこうした資料があると、臨場感がでてきていいですね。

こういう生々しい感じが、近世から近代の資料のアドバンテージだと思います。

小規模な展示で期間も短いので、急いで是非。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 11:41| Comment(0) | 日記