2017年11月21日

「縄文展」開催決定

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

「国宝・新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器」は57点にお深鉢形土器を核とする、

出土品928点で構成されています。

深鉢形土器57点には、番号が振られており、もちろんNo.1〜57まであります。

管理上の都合から、私たちはこれらを番号で呼びならわしていて、

「ナンバー〜」と呼びます。

No.1は、ナンバーワン

ナンバーワンには、実は「縄文雪炎(じょうもんゆきほむら)」という

立派な愛称(公募してつけたもの。)があるのですが、

職員がナンバーワンと呼んでいるうちにこれが浸透してしまい、

十日町市で火焔型土器をよく知る人には「ナンバーワン」で通じるようになっています。

これが長じて、この秋、京都国立博物館の「国宝展」で展示された時は

そのチラシにも「ナンバーワン」と書かれたのでした。

もうナンバーワンの方が全国区になりそうな勢いです。


ところで深鉢形土器はNo.57まであるので、

ワンがあるなら、その後はツー、スリー、フォー・・・と思うのが人情ですが、

我が館では、違います。

ワンの次は「ニ」「サン」「ヨン」・・急に日本語。



No.6は、ナンバーロク


そう呼ばれています。

「ナンバーシックス」なんて読む方は、部外者だとわかります。

実は部外者を見分けるための符丁なのです・・・なんてことはありません。

なぜ日本語になのでしょうか。

結論的に言うと、なぜかはわからないのですが、ヒントが幾つかあります。

2人の職員の言葉を拾ってみました。


【ヒント1】
「ナンバーツーっていうとさ、

 組頭とか、そういうのかと思っちゃう。」(学芸人M)


【ヒント2】
「知ってるか、海外ではさ、「コーヒー」って言うと通じねんだぜえ、

 「カフィ」ってんだぜえ。」(学芸人S)


このあたりにも表れる、共通の理由がありそうな、そんな気がします。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:52| Comment(3) | 日記