2017年08月16日

火焔型土器とヒスイの美意識

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

お盆がらみでお客様が大変多くみえます。

そうすると窓口で質問なさる方もちらほらおられ、

幾度かご対応させていただきました。


「火焔型土器とヒスイと、なにかの美意識が繋がってるんですか」


そんなご質問もいただきました。

とても夢のあるお話なので、

キラキラ光る素敵回答を繰り出したいと思う反面、

考古学的にわかっている事実は冷たいものです。よくあること。

両者が同じ時期に流行したことは間違いありません。

でも、それ以上となると、互いの関係はよくわからないというのが実態です。

なんせ、火焔型土器の消費地はほとんど新潟県内に収まるのに対して、

ヒスイ製の装飾品は北は北海道、南は沖縄までわたってました。

火焔型土器を閉鎖的と言えるならヒスイは実に開放的。


こういうと、両者の対照的な役割が、

実は補完しあう関係に置かれていた可能性を暗示するかのようです。

でも、

ヒスイ製装飾品の生産地は糸魚川であって、

火焔型土器の中心は信濃川流域。中心にズレがあるのです。

信濃川流域の人々は、むしろヒスイ製装飾品の受け手の立場です。

どういうことなのでしょうか。

そんなわけで、火焔型土器とヒスイとの美意識のつながりは、

いまだ霧に包まれている、というところです。


もちろん、この霧を払うための個人的な腹案は、秘密です。

そんな案が本当にあるかどうかも、秘密です。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:52| Comment(0) | 日記

2017年08月15日

「研究って、何をしたらいいのか分からない。」

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

この時期、自由研究をどうするか困っている方が多いかも、ということで

前置き省略で、書き留めておきます。

だいたいの研究はこの順でしますたぶん。

+++++++++++++++++
1 対象を見つけ、集める
2 よく見て、分ける
3 パターンを見つける
4 パターンの理由を考える(仮説)
5 調べて、答えを作る(検証)
6 感想を書く
+++++++++++++++++

1 対象を見つけ、集める

なんでもいいです。
個人的には道端でいろんなものを拾うのが好きだったので、
石ころ、海岸の砂、海藻、パチンコの玉、昆虫の死骸、が面白いですが、
家の中なら宝箱の中身とか、本棚にある本の数々、調味料とかでもいいと思います。
いちおう、コツがあります。

1)「道端の」とか「パチンコの」とか、大きなまとまりがちゃんとわかること
2)ある程度興味が持てるものにすること
3)数をなるべく多くすること


2 よく見て、分ける

「見る」にはだいたい決まったやり方があります。まずはこれを見ます。

 1)色、2)形、3)計測サイズ(長さ・幅・高さ・重さ)、4)模様や文字、など。 

 それらを分類します。種類ごとに分けて、それぞれに名前をつけます。そして最後に、

 5)名前ごとの数を数える


3 パターンをみつける

分類すると、かならず多いものと少ないものとがあるはずです。
まれに全部同じ数になることもありますが、それでもいいです。
それらの数には、なにか意味があるので、気づいたことを全て書き出します。
たとえば、こういう単純な点も全てです。

 1)A群はいちばん多い。
 2)B群は2番目に多いけど、A群にくらべてすごく少なくて、C群とは少ししか違わない。

気づくことは多いほどいいです。


4 パターンの理由を考える(仮説)

なぜそうなるのか、理由を考えます。「〜だからだ」という書き方になります。
気づいたことの一つ一つの点についてでもいいし、ある点とある点との関係についてでもいいです。
「仮説」ですから、なんでもいいわけです。


5 調べて、答えを作る(検証

「仮説」があっているかどうかを調べます。
調べ方は、ネットでもいいし、人に訊くのもいいし、
図書館で調べるのでもいいし、実験してみるのもいい。
実験を考えるのが難しい場合は、調べて「仮説」があってたかどうかの答えを得ます。
調べた結果、仮説があっていてのかどうか、自分で答えます。

 対象がああいうパターンになっていた理由は、
 こういう理由があったからだ、

というストーリーにします。
ちなみに調べようがない「仮説」は、残念だけど思い切って捨てます。



6 感想をかく

最後です。
小学生には、これが必要そうですので、念のため書いておきましょう。

*******

研究にはいろんな組み立て方がありますが、
文学でも経済でも生物でも物理でも、
どのような研究でも「観察」と「分類」がベースになっていて、
その上にパターンの抽出と仮説検証が続きます。
小学生段階ではよく見る(観察・分類)をどういう観点でするべきなのかを
選択する大切さを覚えるのがいいのではないかと、個人的には思います。
これを繰り返すことで、最初の観察から分類が、
実はその後の目的(仮説検証)を拘束することに気がつけるようになるでしょう。

そのようなわけで、親御さんや学校の先生にも、
「よく見る」ことの大事さをお子さんに伝えて欲しいなと思ったりします。

そう、思い出しましたが、同僚が小学1年生の自由研究で頭を抱えていました。
対象は「金魚」のようでしたが、どうも眺めているだけで、それをどうするかが決まらない。

ワタクシの提案は「水槽を平面的に9分割して、どのそれぞれの場所へ行く回数を調べてみればいい。きっと回数に偏りがみえてくるので、その理由を考えたらいい」、というものでした。「なぜ金魚は水槽の中でゆらゆら移動するのか。その理由、なにかあるなら、面白そうだと思いませんか。」

そう言うと同僚曰く、

「パターンつっても、自分が水槽の前を通ると餌をくれると思って寄ってきちゃうけどね」とのことだったので、「それじゃん!すでにパターンが一つ見えてるじゃないの!」

と、叫んだ夏の日の昼。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 15:38| Comment(0) | 日記

2017年08月07日

美佐島郷、羽根川郷、大井田郷、吉田郷、共に妻有荘と称す

うがいをしようとガラガラガラ〜と上を向いたとたん、

天井に足の多い虫がいるのをみつけて

あやうく噴水になりかけた学芸員Aです、

みなさんこんにちは。


前から気になっていて、合間合間の時間を使って調べている言葉があります。

「妻有郷」


この言葉の初出文献が分からなくて。


江戸時代に会津藩が編纂した「新編会津風土記」が手元にあります。

その「外篇越後國魚沼郡之三」の「十日町組」の項に、こんな記述があります。

「美佐島郷に属する村二 十日町村・原村

 羽根川に属する村五 山本村・八箇村・六箇村・北新田村・高山村 

 大井田郷に属する村五 新座村・四日町村・新田村・尾崎村・中條村 

 吉田郷に属する村七 沖立村・友重村・小根岸村・寺崎村・仁田村・野口村・上村・新田村 

 あり、共に妻有荘と称す、凡そ十九箇村あり、」


ここで注意したいのは、行政的な単位の階層についてです。

大きい方からいうと、國→郡→組→郷→村、となっていること。

もうひとつは、このなかの「組」という単位が、

中世の荘園と重ね合わせて理解されているということ。


荘園は中世の戦国時代までは辛うじて生きていましたが、太閤検知で解体されて、

実質的には廃止されているのですが、どんな因果があってか、

こうして名残りしているわけです。「称す」とは、なるほどと思わせる表現です。


少し話を遡ると、近世の十日町組の一帯は、

中世においては確かに妻有荘(つまりのしょう)と呼ばれており、

さらに少し前になると、波多岐荘(はたきのしょう)と妻有荘とがあったようです。

波多岐荘の範囲は、北は小千谷市との境の楢沢川から、南は津南町の中津川までで、

妻有荘は、北は中津川から今の長野県との県境付近の志久見川までとされています。

(出典:十日町市史編纂委員会編, 2000, 十日町市の歩み, 38頁)


史料や時代によってまちまちな部分がありますが、

最初は2つの荘だったものが、

理由は分からないけれど中世の末期までのあいだに

次第に妻有荘のみに収斂していったようです。


こうしてみてくると、十日町のあたりは、

古代においては魚沼郡4郷のうちどれかかもしれなくて

(前に触れたことがあるので省略)、

中世になると、波多岐荘(+妻有荘)→妻有荘という変遷があり、

近世になると、十日町組となって、そのなかがさらに4郷19箇村に分けられていた、

と理解していいのだと思います。


では、「妻有郷」とは、いつの時代の、どこのあたりをさすのでしょうか。

個人的には、この範囲は旧・十日町市から津南町の「現代の愛称」なのかな、

という気がしていますが、どうでしょうか。

もしそうだと、頚城郡だったけど新・十日町市として合併した

旧・松代&松之山町の範囲はどうなるのか。

でも愛称だったら、任意に変えていいわけだから、

新・十日町市ってことで、「妻有郷」の仲間に入れてしまうこともできるのか。

いや、それは頚城郡松之山郷の誇りから拒否されるんじゃないか、

などと

謎が謎を呼ぶ展開が見えてきたところで、

下手なことを言って「噴水」にならないうちに、退散したいと思います。


To Be Continued...!


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 14:42| Comment(0) | 日記