2017年04月28日

HAKKAKEをアップデート

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

GWを前にいろいろな展開がありました。

先日お知らせした十日町市民交流センター「分じろう」にある

文化歴史コーナーHAKKAKE(はっかけ)が、アップデートを果たしました。

バージョン10.10.2が、10.11.2くらいになりました。

こうです。

2017-04-28_10.11.2.jpg

前回、右に見える看板を取り付けて10.10.2になったところでしたが、

今回は10.11.2と躍進です。

界王拳ではありませんが、10倍です!


アップデートしたのは入り口に踏み入れてすぐの場所にある壁。

もともと本棚または下駄箱的なものがあったのですが、

そこを壁&展示ケースにしました。

展示ケースにはどんなものが展示されているかというと・・・・


ミニ着物。


十日町絣(とおかまちがすり)の伝統工芸士、市村久子先生の作品です。

生地から自作された十日町絣で作っていただきました。

しかも、今回のためだけに袷(あわせ)を製作して頂きました。感謝。

袷というのは、裏地のない「単衣(ひとえ)」に対し、裏地のある着物のことです。

今回は、「八掛(はっかけ)」という展示ルームの主旨にあわせて作っていただきました。

本当に素晴らしい作品です。

そして、

5月3日(水曜日・祝日)には、国宝・火焔型土器(指定番号5)を

このHAKKAKEに展示する予定。 

国宝No.5_トリミング.jpg
国宝指定番号5の火焔型土器


遺産と伝統のコラボレーションとでもいいましょうか。

その導入部分をこのミニ着物が飾ります。

国宝・火焔型土器ともども観覧無料です。

是非いらしてください!!


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 18:42| Comment(0) | 日記

2017年04月26日

学芸員のおしごと

みなさんこんにちは、

「学芸員のおしごと」ってなんだろうと考えて、

夜も眠れない日を過ごしていた学芸員Aです。

考えすぎてブログの更新を忘れていたほどです。

で、すごいことに気がついたのですが、

「学芸員のおしごと」を「学芸員Aのおしごと」に読み替えてみると、

簡単明快、おしごとがひとつしかないことに気がつきました。


 

「じっぱくブログの更新」


 
がーん。


学芸員A (は架空の人物です。)
posted by 十日町市博物館 at 19:04| Comment(0) | 日記

2017年04月16日

マステが出ますてナマステ

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

 「ミュージアムショップが新しくなったっけ、

  ちっとは新しい製品も置いたらいいんじゃねえか。」

という天の声に触発されたのかどうかは不明ですが、

ミュージアムショップに新製品が登場しました。じゃーん。

2017-04-16_masutemasute2.jpg


マスキングテープ

 太い方は「火焔型土器展開写真マステ」450円

 細い方は「JOMONマステ」350円

です。

博物館(友の会)のオリジナル商品であり、もちろん当館でしか販売していません。

早速いくつかお買い上げがありました。

担当者の学芸人Kさんもホクホクです。

2017-04-16_masutemasute2

当館限定な上に、どうも数量が限定みたいなので、欲しい!という方はお早めに。

なお、JOMONマステは、女子に喜んで頂けそうな可愛い仕上がりになってまして、

デザインには笹山遺跡ボランティアと学芸員Aが関わっています。

みんなで協力できたということが何より嬉しいです。

ちなみに、本日の一番人気が「素焼き土器マグネット」だったことは、

かすかな声でこっそりと付け加えておきます。ナマステ。


学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 12:26| Comment(2) | 日記