2016年12月05日

十日町の異獣こそ真の雪男だ

みなさんこんにちは学芸員Aです。

「雪男」という銘柄のお酒があるのをご存知ですか。

鶴齢で有名な青木酒造さん(南魚沼市)の日本酒です。

この雪男。

ラベルのイラストを見てピンとくる方は、博物学的知識が豊富な方に違いありません。

南魚沼市塩沢出身、故・鈴木牧之さんの「北越雪譜」に出てくる、

異獣」が元ネタとなっているものです。

「異獣」(いじゅう)にまつわるお話は、いろんな意味で興味深い部分があり、

十日町人の心を捉えて離さない魅力を湛えていますので、少し紹介します。


魅力その1) 出没地域は堀之内から池谷にかけて

堀之内はいまの魚沼市の中心部で、池谷は十日町市の東北部です。

2話掲載されていて、1話目はその間の山中で出没。

2話目では池谷村が舞台です。

ここは日本中で数少ない、異獣の出没地域のひとつということになります。


魅力その2) いじゅうの奇跡は現在第2次

池谷といえば「奇跡の村」。

現在の「いじゅう」による奇跡は実は第2次だったことが判明。ゴホン・・・。


魅力その3) 異獣はいいヤツ

1話目では、竹助なる男性が道中で異獣に出会い、

焼飯(焼きおにぎり)をあげたうえに、「帰りにもまたあげるよ」と約束したら、

池谷まで荷物を持ってくれたらしいです。

やや現金な気もしますが、、たぶんいいヤツです。

2話目では、農家の娘が生理で機織りができない(*そういう禁忌)と知って、

かわりに機織りをしてくれたらしいです。

この女性には、たびたびご飯をもらっていたらしいので、そのお礼ということなのでしょう。


魅力その4) 実は努力家または天才

それにしても、いったいどこで機織り覚えたのでしょうか。

織った反物は納品するわけですから、商品としての品質は保たれていたはずです。

まさか見ただけで覚えたわけはないでしょうから、

きっと誰にかに教わる機会があって、日々練習していたのではないでしょうか。

しかも、地機を持っているとは思えません。

そうなるとあちこちの民家で練習を重ねてきたに違いありません。

努力できる能力。それを私たちは通常、天才の条件とみなしているようなきがします。


異獣=天才説です。


そんなこんなで、いろいろと特徴のある異獣さんですが、

民俗学的には「山男」というカテゴリに分類されるそうで、

各地に似たような特徴の方々がいらっしゃるようです。

 青森の大人(おおひと)

 秋田北部の山人(やまびと)または大人

 新潟(高田)の山男

 新潟(魚沼郡)の異獣

 神奈川(小田原)の山男

 静岡(浜松市)の山男

 高知(豊永郷)の山男

 宮崎の異人(いじん)

似ているとっても、名前が全然違いますね。異獣だけ「人」らしい名前ではないです。

その点でいうと、「やまこ」に近いのかもしれません。


北越雪譜にも書かれているように、和漢三才図会の寓類の部に

異獣に似たようなものが載っていて、その名前が「 」( やまこ )です。

岐阜・飛騨あたりの「」(さとり)もその1種でしょうか。やはりこれも似ています。


でも、山男属も、「やまこ」も「、さとり」も、それはそれ。正確には別物。



魚沼郡の異獣にも他にはない特徴があるのです。



まず、近く本朝をうかがうに、

雪深いこの地域で生き抜く逞しさが凄い。

魚沼ではイノシシの分布がカスカスなのをご存知ですか。

イノシシは積雪30センチ以上の日数が70日以上ある地域には住めないといいます。

哺乳類の生息には非常に厳しい環境なのです。そこを生き抜く力。

逞しいという以外なんといえばいいのでしょうか。

つまり!



この異獣は「雪男」とも呼べる!



 
ここで、遠く異朝をとぶらへば、

「雪男」と言われた連中は今、どうしているのか。

ビッグフットは、それを演じた人間が告白してしまった。イエティも、もはや絶望的。

追い打ちをかけるように最近、各種の雪男の遺体の一部でDNA鑑定が行われ

いずれも既知の哺乳類のものと判明するに至ったといいます。もはやこれまで。

いまやライバルはヨーウィーだけという説もあります。文字通り絶滅寸前。



せまりくる科学の波にもまれるなか、

現在、地球上最強かつ最終の雪男伝説の座を巡って

世界規模の熾烈なサバイバルが

繰り広げられているのではないか!? 




大変だ!!




と、そんな妄想をしていたところ、

たまたまワタクシの横を館◯が通りがかったので、思いつきで

「雪男をイベント化したら世界中から人が来るんじゃないでしょうか」と言ったら、


「はっは、やってみて。」



と、カラカラに乾いた視線とともに言われました。

ほ、本当にやっちゃうんだからなあ!と思いつつ、





「はい」と答えました。




よし!さっそく、足跡を探しに行こう!おう!!


雪が降っても只の学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 17:29| Comment(0) | 日記

雪花火

十日町市職員だけが閲覧できる掲示板からたびたび情報漏洩しているので

いまだに首になってないのが不思議なのですが、

ある方に相談したら、「干されてんじゃないの、それ。」とのことで、

ゾッとしつつも妙に納得してしまった学芸員Aです、みなさんこんにちは。


雪花火が人気だそうですね。

降り積もった雪の中に埋め込んだLEDと空の花火とのコラボレーションが

凄く幻想的なあのイベント。

ワタクシもこの幻想的なイベントの幻想的な会場に行く方々のため、

幻想的かもしれない駐車場整理をしたことがありました。

会場へ向かう最終シャトルバスが行ってしまってから駐車場入りしたお客様がおられ、

気の毒に思って、「たった今ですね、最後のバスが出てしまったんです・・・」

と残念なお知らせを告げましたら、あらぬお言葉を頂戴してしまい、

これが本当に幻想ならいいのにと思った、 という妄想をしたものです。


さて、この雪花火。

件の機密情報掲示板をみていると、どうも大変好評らしく、

NIKKEI+1」の冬の花火大会ランキング4位に入賞したり、

また、BSの番組でも紹介される予定があったりと、引く手が多い模様。

 中川翔子の☆まにある 12月10日放送


さらに、入場者が多くて会場が手狭になってきたので、

今度は当間高原リゾートにうつして開催するんだそうです(!)

当間はイイですよ〜、ワタクシも年に何度か行きます。

特に「ポポラ」っていう施設。大好き。

魚とか見られて、鳥の鳴き声とかの楽しいガイドをしてくれる上に、炬燵があって、

しかも無料。ビバ。


 次の雪花火は、2017年3月4日(日)。



昼はポポラで体験イベントに参加して、夜は雪花火みて、温泉入って、ベルナティオに泊まる。

帰りがけに博物館で縄文の至宝、火焔型土器を見て目がグルグルしてきたついでに、

へぎの中でグルっとなってる「へぎそば」を食べて、お土産にお酒と国宝金太郎飴を買って帰る、と。

1泊二日の小旅行プラン、完成です。 ご用命は博物館小旅行企画係まで。


 備考: そんな係はありません。


アテンダント芸員A
posted by 十日町市博物館 at 10:46| Comment(0) | 日記

2016年12月01日

織物

みなさんこんにちは、学芸員Aです。

本日、遠くからお客様が見えました。

要件はどうも、織物関係らしいのですが、

離れた場所から漏れ聞いていただけなので確かなことは分かりません。

でも、ここだけはしっかり聞こえてしまいました。


 学芸員I 「織物に詳しい学芸員がいない」

 お客様 「重要(有形民俗)文化財があるのにもったいないですね。」と、


なんて正しいことをおっしゃるんだろう! とちょっと感動しました。

が、単純に感動だけしてても仕方ないので、

世にどれくらい紡織関係の国指定文化財があるのか、軽く検索してみました。



で、結果・・・



 8件。



OH!! 少ないデスね!


 ●丹後の紡織用具及び製品 たんごのぼうしょくようぐおよびせいひん
 周防大島東部の生産用具 すおうおおしまとうぶのせいさんようぐ
 波佐の山村生産用具 はざのさんそんせいさんようぐ
 十津川郷の山村生産用具 とづがわごうのさんそんせいさんようぐ
 徳山の山村生産用具 とくやまのさんそんせいさんようぐ
 ●越後縮の紡織用具及び関連資料 えちごちぢみのぼうしょくようぐおよびかんれんしりょう
 ●佐渡海府の紡織用具及び製品 さどかいふのぼうしょくようぐおよびせいひん
 羽村の民家(旧下田家)とその生活用具 はむらのみんか(きゅうしもだけ)とそのせいかつようぐ


このなかで、紡織用具を中心にするのはさらに少なくて、3件。

このうち2件が新潟県にあるという事実も分かりました。

こんなことがたちどころにわかってしまう文化遺産オンライン

、、、素晴らしいアーカイブです(ゴリゴリゴリゴリ)。

それにしても、結城紬とか大島紬とか、有名な織物はなぜ入ってないのでしょうね。

なんていう問いを立てると大変なことになるので、

越後縮と紡織用具及び関連資料がいかに稀少なコレクションかということが分かったところで、

この辺に致しとうございます。



学芸員A
posted by 十日町市博物館 at 15:18| Comment(0) | 日記